企業ニュース 香港へ進出、華南エリアへの事業拡大を目指す 現地法人設立、初年度2 店舗の出店を計画

掲載日:2016年02月03日

女性用靴下・インナーSPA(製造小売)を展開するチュチュアンナグループ(本社:大阪市中央区、代表取締役:上田 利昭)は、2016 年1 月7 日(木)、香港に現地法人を設立いたしました。中国、台湾に続き、海外第3 拠点目となります。

このたび設立した現地法人「HONG KONG TUTUANNA Co.,Ltd.(中国語:香港趣趣安娜有限公司)」は、香港を含めた華南エリアの事業拡大の拠点となるだけでなく、同エリア向けの商品企画をおこなううえでも重要な役割を担います。

これまで、香港への進出は、亜熱帯地域であることや消費者のライフスタイルなどを考慮して、慎重に検討してきました。2014 年8 月に隣接する深圳(シンセン)に出店した万象城店の売上が計画以上で推移していることや、現地消費者のニーズに応えたインナーの開発にも着手できる見込みがたったことを背景に、進出を決断いたしました。

香港での店舗展開については、商業施設が多く常に大勢の人で賑わう、銅鑼湾(コーズウェイベイ)、尖沙咀(チムサーチョイ)、旺角(モンコク)、沙田(サーティン)の4 エリアを中心に検討しています。今夏頃をめどに第1 号店の出店を予定、初年度で2 店舗の展開を計画しています。

香港を含めた華南エリアにおいても積極的に出店していくことで、ブランド認知の拡大を図り、靴下やインナーを通して“ファッションの楽しさ”を提案・発信してまいります。